外壁の劣化や雨漏りの原因「雨どいの詰まり」には要注意!

外壁の劣化や雨漏りの原因「雨どいの詰まり」には要注意!

普段から雨どいを意識して掃除しているという人は少ないと思います。しかし、雨どいには落ち葉などが溜まりますので、定期的に掃除をしないと詰まってしまう恐れがあります。

特に落ち葉の多い秋口や台風の後などには、雨どいに枯葉やゴミが溜まってしまって雨水があふれている光景をよく見かけます。溢れた雨水は外壁を劣化させたり、雨漏りの原因になるので、詰まりがひどくなる前にこまめに掃除をすることをおすすめします。

今回の記事では、雨どいが詰まってしまうとどうなってしまうのか確認することで、雨どいの掃除の重要性について理解していただくとともに、雨どいの掃除方法についても解説します。

雨どいの種類

雨どいには軒樋(のきどい)と竪樋(たてどい)の2つがあります。

軒樋:軒先きで雨水を集めて、横方向に雨水を流すための樋。
竪樋:軒樋が集めた雨水を上から下に流すための樋。

雨どいは、この軒樋と竪樋の二つの組み合わせで、屋根に降った雨水は上手く地面へ流れるように作られています。

しかし、この雨どいは幅が狭いため、どうしても落ち葉などのゴミが溜まりやすく、定期的にメンテナンスしないと詰まってしまい雨水が溢れてしまうことになります。

雨どいを掃除せずに放置するとどうなるのか?

雨どいを掃除せずに詰まっている状態を放置すると、どのような状況になってしまうのでしょうか?

雨どいは、雨水をスムーズに排水口まで流すことで住宅を水の浸入から守っています。雨どいが詰まってしまうと、屋根に降った雨水が雨どいから漏れ出す「オーバーフロー」を起こしてしまいます。

オーバーフローしてしまうと雨水が建物の外壁に掛かってしまいやすくなるため、外壁塗装の防水性能が低下している状態ですと塗膜が雨水をはじくことができず、外壁内部に水が浸入してしまいます。

また、オーバーフローして地面に落ちた水で水はねが起き、建物の基礎部分を濡らしてしまいます。基礎部分にひび割れがある場合には、 そこから建物内部へ水が浸入してしまい基礎を劣化させてしまうといったケースも考えられます。

オーバーフローが起こると雨漏りの原因にもなりますし、建物内部に雨水が浸入し湿気を含んでしまうことで、湿気を好むシロアリが繁殖してしまう可能性も高くなってしまいます。

雨どいが詰まると様々なトラブルが起きます。雨どいの掃除は、気づいた時点で早めに行うと良いでしょう。

雨どいの詰まりによるオーバーフローの問題点

・外壁や基礎から建物内部に雨水が浸入し建物劣化の原因になる

・雨漏りの原因になる

・シロアリがわいてしまう原因になる

雨どいのオーバーフロー

この動画は、雨どいが詰まっているため、雨水が上手く流れず、外に溢れ出てしまって「オーバーフロー」している状態です。

 

雨どいの掃除方法

雨どいの詰まりの主な原因は落ち葉です。特に、屋根より高い木が近くにある場合は、落ち葉による詰まりが発生する可能性が高くなります。また、ゴミや鳥の巣などが原因の場合もあります。

雨どいが比較的低い位置にある場合は、自分で掃除することが可能です。次に雨どいの掃除手順をご説明しましょう。

先ず軒樋に溜まった落ち葉やゴミをほうきやトングを使っで取り除きます。次に集水器のゴミを取り除いたらホースで勢い良く水を流し、水の流れがスムーズかどうか確認しましょう。問題なく下まで水が流れるようならこれで掃除は完了です。

下まで上手く水が流れないようなら竪樋にゴミが詰まっている可能性があるため、水を流しながら竪樋を軽く叩いてみましょう。叩いても詰まりが取れない場合は長い針金を竪樋の上部から差し込みながら水を流してください。

  1. 軒樋に溜まった落ち葉やゴミをトングやほうきで取り除く
  2. 集水器の落ち葉やゴミを取り除く
  3. ホースで勢い良く水を流し、水の流れを確認する
  4. 水を流しながら竪樋を叩く
  5. それでも詰まっていた場合は、長い針金を竪樋の上部から差し込みながら水を流す

高い場所に雨どいがあり作業が危険なケースや上手く詰まりが取れない場合は、便利屋さんや屋根屋さんなどの業者さんに掃除をお願いしましょう。1万円程度の料金で高圧洗浄機を使った雨どいのクリーニングをしてくれます。

雨どいの修理や清掃を専門にしている専門業者ですと、雨どいを一旦外して隅々まで掃除するといったことも可能ですし、雨どいの専門知識があるのでより安心です。

今回の記事では、雨どいが詰まってしまった場合にどうなってしまうのか、更に雨どいの清掃方法について解説しましたが、雨どいの詰まりやオーバーフローが起こっておらず、雨水がスムーズに排水溝に流れている状態でも、外壁の塗装が劣化しまって状態では外壁の内部に雨水が浸入してしまい建物内部を痛め、建物の寿命を縮めてしまう可能性があります。

外壁に色褪せ・チョーキング・ひび割れなどの劣化症状が現れたら、早めに外壁専門の塗装業者にご相談されることをおすすめします。

私たちハウスペイントアゲインは、外壁トラブル対応のプロ集団です。外壁にひび割れなど劣化症状がある、または劣化症状はないが見えないトラブルが起こっていないか心配だという方は是非私たちまでご相談ください。

外壁塗装・屋根塗装でお困りならHPAへ

CTA-IMAGE 私たちハウスペイント アゲインは、営業マンを雇わないスタイルと完全自社施工で余計な費用をかけず、低コスト・高パフォーマンスを可能にしたペイント技術者集団です。

腕の確かな職人それぞれが自分の家だったらを意識して丁寧に下地処理から仕上げまでを行います。自社施工ならではの手間をかけて納得するまで作業致します。

外壁塗装や・屋根塗装のことなら、どんな些細なことでもご相談ください。我々ハウスペイントアゲインが、お客様の声にお応えいたします!

外壁トラブルカテゴリの最新記事